活動記録・お知らせなど

ソーラーランタン・トイレパックなど

 2018防災産業展in東京

 トイレパックの備蓄はされていますよね。
このトイレパックに付属されているビニール袋のこと考えたことありますか?
この外袋の厚さが臭いや強度に差が出るそうです。
BOSなど臭いを出さないいい袋はありますが、強度も大切で、
この袋でもトイレパックの価格に差が出てくるそうです。
また便袋の表示があると、管理上・収集上も対応がしやすくなります。
災害時は衛生面のことを考えてごみの収集の優先順位が決まって行くことになるでしょう。


   見た目は良くあるトイレパックの設置姿ですが ↓


  袋の外側に便袋だと分かるように記載がある  


左はポンチョ付き 右は男女共用男性なら立ったまま使用可能
 

 ソーラーのLEDランタンには今までありそうで無かったあの機能が追加されました。
価格はちょっと高めで5,000円位しそうです。


     発売間近のソーラーランタンには秘密が


     何とUSB端子で電気のやりとりが出来ます


  これらを扱っているのは横浜市内の業者でした。
   (株)ダイイチ 担当:星氏
  http://www.un-daiichi.co.jp
   045-241-8911
 

コメント(0)
2018年05月30日 18時00分 投稿者:とつか 宮川

フェイスブック(FB)もご覧下さい

このホームページ(HP)よりもフェイスブック(FB)の方が頻繁に情報発信しております。
是非ごらん頂き「いいね!」もお願いします!
https://www.facebook.com/totsukasaigainet/?hc_ref=ARSysDtaZxx--VpB70BVMCcxpkzx72PRES-RgysFb7gpGTzEOuALAjvIfp_M2NbjVeY&fref=nf
コメント(0)
2018年05月28日 11時41分 投稿者:とつか 宮川

会員総会を開催しました

平成30年度総会でした。
議案通り承認されました。
例年より約1ヶ月早い開催でした、これは少しでも早いスタートを切りたいとのことから例年より前倒ししました。
 
           議長と書記

 
総会に続けて4月より運用が開始された横浜市防災計画(震災対策編)の修正点について戸塚区総務課の危機管理担当係長より説明をして頂きました。
 
修正点は以下の4点です。
①特別避難場所関係
 国のガイドラインに合わせて「特別避難場所」が「福祉避難所」に名称が変更になりました。
また、要援護者の受入について整理されました。
 
②災害廃棄物の処理
大規模災害時に発生する「片付けごみ」と「燃やすごみ」を区別して収集し、衛生上早く処分する必要がある燃やすごみを先に収集し処分する事を現在策定中の「横浜市災害廃棄物処理計画」に盛り込む。
 
③車中泊避難対策
 車中泊避難に関する課題として、エコノミークラス症候群など健康面への影響、緊急交通路確保や地域防災拠点等避難者の生活支援への影響があるため、車中泊避難の発生抑制、平時からの広報・啓発を行っていく。
 
④ボランティアとの協力体制
 私達災害ボランティア(災ボラ)との関係構築、関係づくりの協力先として地域防災拠点連絡協議会を追記、戸塚区災害ボランティアセンター(災害VC)の役割や協力内容の明確化として
被災者及び地域防災拠点からのボランティアニーズの収集、ボランティア希望者の受付、ニーズと希望者のコーディネート・ボラティア派遣など。
 
      横浜市防災計画 震災対策編修正点の説明

地域防災拠点の皆様、自治会町内会の皆様
これからもとつか災害ネットをよろしくお願い致します。

 

コメント(0)
2018年04月22日 13時54分 投稿者:とつか 宮川

避難所の現状

スフィア基準

災害発生時には地域防災拠点が開設されます。
地震であれば市内のどこかで震度5強以上が観測されたときです。

この地域防災拠点ですが、その環境はお世辞にも良いとは言えません。
頭では分かっていても自分がその状況に置かれるかも知れないことをどの程度の方が認識し、そして備えているか・・・。

地域防災拠点は、情報や物資を受取場所で、最初から避難場所として考えない方が無難です。
確かにスフィア基準がありますが、地震国日本で全ての避難所にこの基準を当てはめて備えることは難しいです。
いえ難しいではなく絶対に出来ないと思いませんか?

自宅の耐震化、家具の転倒防止、そしてトイレパック等の準備があれば自宅で過ごす(在宅避難)が出来る可能性が飛躍的に高まります。備えましょう!
これは私達皆が自分の意思で今すぐにでも始められる最善の対策です。

以下の記事を参考にして下さい。(NHKのHP)

https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/04/0417.html
コメント(0)
2018年04月21日 00時00分 投稿者:とつか 宮川
RSS2.0KML
プロフィール
とつか災害救援活動ネットワーク(略称:とつか災害ネット)
とつか災害ネット
団体概要
とつか災害ネット(略称)は有事の際、横浜市戸塚区で災害ボランティアセンター(災害VC)を運営するためのボランティア団体です。平常時は、地域防災拠点、町内会、管理組合等の防災・減災のサポートもさせて頂きます。まずはお問い合わせ下さい。 フェイスブック(FB)でも情報発信しています。ご覧下さい。
ユーザ登録
グループのメンバーにログインアカウントを発行します。

 
イベントカレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
これからの予定
07月04日 18:00 - 07月04日 20:00
定例会(第125回)
あと10日
全国各地のe防災マップ
全国各地のe防災マップを紹介します。これは過去のe防災マップコンテスト(主催:防災科研)の受賞グループのe防災マップです。様々な団体、様々な視点からe防災マップが作成されていますので、参考にされてはいかがでしょうか?