活動記録・お知らせなど

インフルエンザ更に流行中

横浜市衛生研究所の発表によると
先週、横浜市内では全ての区で定点あたり警報基準の30を超えて市内に警報発令となりました。
今週も引き続き定点あたりの報告数は更に増えています。

咳エチケット、正しい手洗い等の予防、早期受診などの対策をお願いします。

定点あたり報告数推移
3週前【市内】  【戸塚区】
     9.40   8.55
      ↓       ↓
2週前 23.00   21.91
      ↓       ↓
1週前 56.09   57.36
      ↓       ↓
今週  64.59   68.55

型は
A型25.1%  B型 74.8%と更にB型の割合が増えています。

横浜市衛生研究所HP http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/eiken/idsc/rinji/influenza/2017/rinji10.pdf
コメント(0)
2018年02月02日 12時34分 投稿者:とつか 宮川

H29年火災・救急の概況(速報)

横浜市からH29年の速報が発表されました。
火災件数放火火災が急増しているそうです。
逆にコンロ火災が前年比26.5%減少となりました。

救急件数は、今回も過去最多を更新、
大幅な増加です。
軽傷者は若干減りましたが、まだ半分近くいるそうです。
中区が10年以上最多記録で、
10人に1人、青葉区では28人に1人と地域間で開きがあります。

因みに戸塚区の利用状況は、市民20人に1人ですが、
人口も多いので出場件数は市内で中区、港北区、鶴見区に次いで4番目に多いですね。
市内全体では19人に1人が救急車を利用しています。
救急では1日あたり530回、2分43秒に1回出場しています。

引き続き火災予防、健康管理に務めましょう。

http://www.city.yokohama.jp/ne/news/press/201801/images/phpa6ADjB.pdf
コメント(0)
2018年01月16日 11時01分 投稿者:とつか 宮川

小・中学生向け防災ガイド

僕たち・私たちにできること
 ~横浜に大きな地震が起きたとき~

平日日中に地域で過ごす小中学生が地域の担い手となり得る存在としての期待が高まっています。
横浜市西区が作成した漫画で読む防災ガイドです。
担い手とまで行かなくても彼らが自身の身を守る助けになればと思います。
地域で活用したいですね。

http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/houdou/pdf/bousaiguide.pdf

コメント(0)
2018年01月12日 12時44分 投稿者:とつか 宮川

応急手当の必要性について

平成29年版 救急救助の現況(消防庁H29.12.19)によると
 
◎119番通報を受けてから現場に到着するまでの全国平均は8.5分、また119番通報から病院収容所要時間は39.3分となっています。(P36 第48図)
◎バイスタンダーにより応急手当(胸骨圧迫・人工呼吸・AEDによる除細動)が実施された割合は年々増加しており、H28年には、心肺機能停止傷病者の48.9%になっている。(P46第61図)

◎一般市民が目撃した心原性心肺機能停止のうち、一般市民が心肺蘇生等の実施有無別の生存率は
実施なし
 1ヶ月後の生存率    9.3%
 1ヶ月後の社会復帰率  4.9%
実施あり
 1ヶ月後の生存率    16.4% (約1.8倍)
 1ヶ月後の社会復帰率  11.7% (約2.4倍)
このうち除細動(AED)を実施した場合は
 1ヶ月後の生存率    53.3%
 1ヶ月後の社会復帰率  45.4%
になるそうです。

応急手当がどれだけ有効かよく分かりますね。
大切な家族、いつもの仲間、預かった子供に万が一の事があった場合に備えて救命講習を受講しませんか。

総務省消防庁HP

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_3.html
 
コメント(0)
2017年12月27日 08時34分 投稿者:とつか 宮川
RSS2.0KML
プロフィール
とつか災害救援活動ネットワーク(略称:とつか災害ネット)
とつか災害ネット
団体概要
とつか災害ネット(略称)は有事の際、横浜市戸塚区で災害ボランティアセンター(災害VC)を運営するためのボランティア団体です。平常時は、地域防災拠点、町内会、管理組合等の防災・減災のサポートもさせて頂きます。まずはお問い合わせ下さい。 フェイスブック(FB)でも情報発信しています。ご覧下さい。
ユーザ登録
グループのメンバーにログインアカウントを発行します。

 
イベントカレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
全国各地のe防災マップ
全国各地のe防災マップを紹介します。これは過去のe防災マップコンテスト(主催:防災科研)の受賞グループのe防災マップです。様々な団体、様々な視点からe防災マップが作成されていますので、参考にされてはいかがでしょうか?