このページについて
e防災マップを作成するために使う地図ツール「eコミマップ」の使い方を動画で紹介します。動画だけでなく、マニュアル形式のテキストも用意していますので、あわせてご覧ください。
  • テキスト1:グループページの使い方の基本[pdf]
    • ログイン、プロフィールの書き方、活動記録
    • 地図ツールの基本として、マップの準備、マップの見方、マップの印刷など
  • テキスト2:マップへの情報登録の方法[pdf]
    • 項目の準備、項目の描画設定、情報の登録、修正や削除、GPS付き携帯電話による登録
下の一覧から該当する内容をクリックするとその動画が再生されるページが表示されます。
動画

地図ツールの動画一覧

>テキスト1の内容

1.グループページへのログイン(ログイン方法、グループページの内容)
まずは、グループページにログインする方法や、グループページの内容について説明します。事務局のログインIDとパスワードは分かっていますか?
 
2.活動記録へ投稿する(活動記録を投稿する、記事を修正する)
e防災マップを作成する課程はなるべく記録しましょう。活動の記録方法について説明します。
 
3.マップを準備する
情報を登録するためにマップを作成します。
まずは、マップ画面に慣れましょう。マップはいろんな項目が重なり合って1枚のマップになっています。

5.地図を追加する(主題図に地図を追加)
自分で情報を登録するだけでなく、ハザードマップのように外部のマップを重ねることができます。
 
6.マップを印刷する(マップをPDFに出力する、PDFをプリンターで印刷する)
紙地図として印刷しましょう。話し合いの場やまち歩きの際に活躍します。
 
7.項目を準備する(項目を追加する、項目を削除する、マップの状態を保存する)
準備したマップに情報を登録するための項目を準備します。項目には、点の情報、線の情報、面の情報があります。
 
8.項目の描画設定(点・線・面の描画設定)
マップ上にどのような色・デザイン・大きさで表示するか、設定します。マップの見栄えをよくするために重要です。
 
9.項目に情報を登録する(点・線・面の情報を登録する、写真を登録する)
実際にマップ画面から情報を登録します。デジカメで撮影した写真も投稿できます。
 
10.登録情報の修正
登録した情報は、後から修正したり、削除したりすることもできます。
コメント(0)
2021年11月23日 19時15分 投稿者:防災科研田口
RSS2.0KML
サブサイトマップ
e防災マップ作成の手引き
動画で分かるグループページの使い方
お問い合わせ
不明な点、疑問点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。