e防災マップ作成のステップ
e防災マップをつくるには3つのステップがあります。ステップ2は簡単コース、お手軽コースじっくりコースという3つのコースを用意しました。ステップ1と3は共通ですが、ステップ2はコースによって行う作業が異なります。

既に紙でマップを作成済みのグループはお手軽コース簡単コースに進みましょう。

 1.地域の災害特性を知る
はじめに、地域の災害特性を知ることが大切です。次の3点を理解します。
  • ハザードマップでまちの災害特性を知る
  • 人口統計から被害を受けうる社会の弱さを知る
  • 【参考】大きな地震の起こりやすさを知る
この章の手引きはこちら
簡単コース
2.項目を考える
e防災マップに登録するための項目を考えます。

手引きはこちら


3.情報の収集と登録
まちあるきなどにより情報を集めます。そして、パソコンから情報を登録して、e防災マップを完成させます。
 
手引きはこちら
お手軽コース
2.マップと項目を考える
目的別のe防災マップと項目を考えます。
 
手引きはこちら


3.情報の収集と登録
まちあるきなどにより情報を集めます。そして、パソコンから情報を登録して、e防災マップを完成させます。
 
手引きはこちら
じっくりコース
2-1.被害を見積もる
現実的な防災マップを作成するために、地域の被害を想定します。

2-2.マップと項目を考える
地震発生時のシナリオから、目的別のマップと登録する項目を考えます。
 
手引きはこちら(準備中)


3.情報の収集と登録
まちあるきなどにより情報を集めます。そして、パソコンから情報を登録して、e防災マップを完成させます。
 
手引きはこちら(準備中)
4.防災マップの活用
まちあるきなどにより情報を集めます。そして、パソコンから情報を登録して、e防災マップを完成させます。
 
手引きはこちら


【参考】 第3回e防災マップコンテストの手引きは、下記をご覧ください。
  
参考資料
■作業に必要な参考資料■その他参考資料
■eコミGW(グループウェア)とeコミマップのマニュアル
   eコミグループウェア マニュアル eコミマップ マニュアル
横浜市が公開している地震災害に関係する重要な資料
■地震に備えて 横浜市 地域防災拠点[PDF]
地域防災拠点とは避難所のことです。避難所のことを知るにはこちらの資料をご覧ください。
■災害時要援護者支援ガイド(横浜市健康福祉局)
高齢者や障害者など災害の際に支援が必要な人のことを災害時要援護者といいます。災害時に要援護者を支援をするためのガイドです。

■横浜市の災害
地域で過去に発生した災害の一覧があります。
 
横浜市 消防局 危機管理室
様々な情報が充実しています。特に、「パンフレットなど」、「日頃の備え」は、地域の防災を考えるための豊富な資料がそろっています。